「柔と剛」を持たれた方だと思います

I社 K様

阿川さんには今年2月より自分のIT関係の企業の支援をしていただいております。
自分の中で阿川さんの印象を一言でいうと「柔と剛」を持たれた方だと思います。
このことは阿川さんとお話していて段々とわかってくることです。
まず「柔」の部分は、基本は自分の話を聴いてくれて色々な知見や過去の経験を織り交ぜながら 自分のやりたい事をどんどんと引き出して導いてくれているようにも思います。
そして「剛」の部分は、確定的に自分の言動が間違った方向に行っている時は しっかりとその間違いの指摘し、軌道修正してくれるように思います。
そういった「柔と剛」によるご支援により、自分の起業を一歩ずつ力強く前進してくれていると思っています。
これからもよろしくお願いいたします。